たるみやほうれい線の原因

たるみが気になる

人間は年齢の経過と共にだんだんと老化し、弱ってきます。女性は毎日のようにお化粧をしますから、自分の老化現象に気付くのも早くだいたいの人は35歳あたりから明らかな肌の老化に悩むといわれています。
どうして老化現象によって肌に症状がでるのか、それは全体的な水分不足が関係しています。肌が老化すると最初に水分を保持することができなくなってきます。肌が水分を保っていられなくなることにより、ふっくらとしていた肌はカサカサ、しおしおとした印象になります。これまでしっかりとした水分によって保たれていた肌から水分が抜けるということは、1度空気をいれて膨らませた風船から空気が少しずつ抜けていく状態に似ています。1度膨らませた風船から空気を抜くと、綺麗に元通りになるのではなくしわしわとしたまましぼみますが、肌もあれと同じ状態になるのです。
そうして出来たたるみが重力によって下へ下がり、目の下のたるみやしわ、ほうれい線に変化していくのです。
目の下のたるみやほうれい線などの症状はただたるんでいるというのではなく、これまでふっくらとしていた自分の肌から水分が抜け、しぼんできたという証拠でもあります。これ以上目の下のたるみやほうれい線を悪化させないようにするためには、まず水分補給を1番に考えるようにして下さい。
目の下だけでなく、ほうれい線やたるみが発生しやすい部分はたくさんあります。得に体重の増減が激しかった人や、元々非常に太っていた人などは普通の人よりも皮膚がふくらんで伸びている状態にありますから、普通の人よりも遥かに老化現象が激しく出てしまうようになります。