もう一度再建

整形する

美容整形外科で行なわれている美容整形手術のなかには、「乳房再建手術」といった手術があります。この乳房再建手術とは、乳がんなどの病気などで乳房を切除したりするいおことになってしまった場合などに受ける手術で、乳房の形を元通りの形に戻すことができる手術のことを指します。
ここでは、その乳房再建の手術についてご紹介します。

乳房再建手術には、大きく分けて2つの種類があります。同時再建と二期再建です。同時再建とは、乳房摘出や切除などの手術を受けたあと、そう時期を空けずに行なう手術で、すぐに乳房を再建することができる点が特徴です。二期再建の場合は、乳房の摘出や切除などの施術を行なった後一定の期間を開けてから行ないます。このように、乳房再建手術のタイプは手術時期の前後で変わるのです。

乳房再建手術で行われる乳房再建方法には、さまざまな方法があります。美容外科の豊胸手術などでも使用されるプロテーゼを挿入して胸の膨らみを生み出す方法や、注射で自分の脂肪を注入する脂肪注入法などです。プロテーゼを挿入する方法は、仕上がりが美しいので綺麗な胸元を作り出すことができます。また、効果が永久的に続くという点も特徴です。また、もう一つの方法脂肪注入方法は、自分の脂肪を注入するため、安全性が高いという点が挙げられます。また、ほかにも脂肪を注入しているため仕上がりが柔らかいという点があります。こうした乳房再建手術を受ける方のなかには、違和感があるのではないかと気にする人もいますが、上記のように脂肪を注入する方法ならそのような心配はありません。通常の胸と何ら触り心地に変化がないので、安心です。